投資顧問のメリット・デメリットについて

メリット・デメリット

投資顧問とは

投資顧問は、投資における運用サポートやアドバイスを提供してくれるサービスです。
投資を成功させるためには多くの情報を収集し、さらに収集した情報を分析することがポイントになります。

個人投資家、特に投資初心者や経験の浅い人は情報収集スキルや分析スキルに不安を感じることが多いです。
投資顧問は投資家と契約を結び、投資活動を様々な角度からサポートします。

投資家はサポートを受ける対価として投資顧問へ契約金や報酬を支払うのが一般的です。投資顧問は投資を円滑かつ有益に進めるためのパートナーと言えます。

投資顧問には投資助言契約と投資一任契約の2種類があります。
投資助言契約は、契約者である投資家に対して投資のアドバイスを行うのが特徴です。

値上がりが期待される銘柄の紹介や売却のタイミングの指示などを行います。
投資一任契約は、投資のアドバイスだけではなく投資運用のサポートも行うため、投資助言契約よりも投資に関わる範囲が広いです。

投資顧問のメリット

投資顧問のメリットは、一言でいうと利便性の高さです。
投資顧問会社と契約を結ぶことで、多くの便利なサポートサービスを受けることができます。

投資の専門家から的確なアドバイスをもらうことができますし、投資顧問会社によっては疑問点などをメールや電話で質問できるサービスなどもあって人気です。
投資のコツなども学習することができるため、投資初心者には頼もしい存在です。

有益な情報やアドバイスを得ることができるということは、投資リスクを軽減することにもつながります。
自分から動かなくても必要な情報が提供されるので、情報を集める手間をカットすることも可能です。

投資顧問のデメリット

投資顧問のデメリットは、必ず成功するとは限らないという点です。
投資顧問に限らず、投資は「絶対に儲かる」なんてことはりません。

どんな場合にも投資は自己責任ですし、リスクは存在します。
投資顧問契約を結んだからと言ってすべてを任せて安心できるわけではなく、自分自身での運用が必要です。

また投資顧問は人気のため会社の数が多く、自分に合った投資顧問会社を選ぶのに苦労します。
投資顧問会社ごとに得意なジャンルがあり、プランや料金も様々です。

投資顧問会社を選ぶ際には、まず自分がどの部分をサポートしてほしいのか、どういった形でサポートしてほしいのかを明確にしましょう。
自分の希望とマッチする会社をいくつかピックアップし、信頼性や料金は妥当なのかなどを検討します。